症例報告&コラム

これって五十肩?

五十肩は怪我というより老化現象の一つと考えられます。50〜60代に最も多いため五十肩と呼ばれるようになりましたが、40代や70代でも発症する人もいます。正式な病名は肩関節周囲炎といいます。

 

肩関節の周りにある組織の変化や、炎症などによって、肩に痛みが出る症状です。

 

初期症状はまず肩になんとなく引っかかるような違和感を感じるようになります。人によってはこの違和感が小さすぎて気付かない人もいますが、五十肩になる前は必ず何かしら肩に変化が出はじめています。

 

そして五十肩には完全に移行する引き金となる原因があります。例えば重いものを急に持ち上げた、高いところの拭き掃除をした、転倒して肩をついてしまったなど、極端に肩に負担を掛けることが引き金となります。

 

引き金を引くと急激に痛みが増し、一気に五十肩に突入していきます。一度突入してしまうと個人差はありますが1年ほど痛みとの戦いが始まります。

 

五十肩の時期は炎症期、凍結期、回復期に分けられ段階的に症状も違ってきます。

 

炎症期

肩に強い炎症のある時期でこの時期の積極的な治療をしても場合によっては逆効果になるため、安静にして炎症がおさまるのを待つようにしてください。痛み出してから1〜2ヶ月程度。

 

凍結期

炎症が落ち着き始めると同時に一気に肩の可動域が制限されていきます。この時期から積極的に治療を始めていきます。この時期に治療を避けてしまうと症状が長期化してしまう可能性があるため必ず適切な治療をされることをお勧めします。治療は可動域を制限する筋肉に動きをつける施術を行います。多少痛みを伴う施術になりますが負担のない範囲で行なっていきます。治療院によっては超音波などの施術しか行わないところもありますが、超音波は患部を温めるだけで五十肩にはほとんど効果がないため、電気治療などはあまりお勧めはできません。

 

この時期は可動域が制限されている状態なのでQOLを少しでも上げてもらうために可動域を広げる施術も行う必要があります。

 

回復期

一気に可動域が回復していきますが、正常時に比べると制限が残るため正常の可動域に近づける施術を積極的に行なっていきます。可動域を完全に元に戻すためにこの時期の施術も大切になります。

 

 

五十肩で辛いのが夜間痛と言われる寝ているときの肩の疼き(うずき)です。この痛みは寝ていても目が覚めるほどの痛みのため肩を動かしたときの痛みより辛いという人もいます。昼間は疼きは軽減します。夜間痛は代謝などが関係しているとも言われていますが、本当の原因は定かにされていません。

 

五十肩は初めにも言いましたが、老化現象の一つです。しかし痛みが一生続くというものではありません。一年ほどすると嘘のように痛みがなくなり、普通に肩も動かせるようになります。本当に不思議な病気?です。

 

このような方は五十肩かも・・・

・洋服の袖に手を通しづらくなった!

・シャンプーをするとき肩が痛い!

・腕を横に上げて耳まで上がらない!

・肩がズーと痛くなる

・背中に腕を回せない!

・高いところのものが痛くて取れない!

・バンザイすると左右どちらかの腕が上がらない!

・反対側の肩に手を持っていけない!

 

肩に痛みや違和感がある方は一度当院にご相談ください。あなたの症状が本当に五十肩なのかを確認させて頂きます。もし五十肩であれば「関節の痛みに強いサンテ整骨院」がしっかりサポートさせて頂きます!

 

 

 

06-6110-5546
完全予約制※留守番電話対応の時間もございます。

24時間いつでも受付
カンタンWEB予約